-->
<< キカイノカラダ? | main | 地獄のドライブ  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
極東最前線
カネバンにてカネバンにてカネバンにて

 山陰道→米子道→中国道→名阪道→東名道と高速道路をフル活用し、ひたすらカネバンに向かいました。途中、30〜60分程度の仮眠を4回して昼過ぎに関東圏入り。が、途中で中央道八王子ICで降りないといけない事に気が付き慌てて厚木ICで降り、奥多摩に向かい北へ。


 広域日本地図とカネバンHPの地図しか持ち合わせてない私は、かなり苦労しました。HP地図の最終目印が「わさび屋さんの隣」としか書かれておらず、ワサビの産地(?)・奥多摩の至る所にある「わさび」の文字のフェイクに混乱。看板はなかったのですが、迷いながらもアチラ物のスクーターが作業ガレージの前に所狭しと並んでますので、なんとか14時過ぎに到着。

 恐る恐る中を覗くと今年のランブリング初参加で伝説の男となったI氏が、ちゃんと仕事してました(はっちゃけたイメージしかなかったので…)。塗装ブースと板金ブースには“モトちゃんぷ”でお馴染みの金子社長兄弟が…。計5名が、黙々とそれぞれの持ち場を作業しておられる姿に噂の“カネバン”に来た事を実感。十数時間、誰とも会話してない人恋しさで、I氏と早速今年のランブリングの話題で大盛り上がり。なんでも来年度のためにマイクロバスを運転する免許を取得し始めたとか。きっと彼等はスクーターは持ち込まずに酒を飲み、裸になるのが目的のようです。

 辺りがすっかり暗くなる頃、ようやくGSの打ち合わせになりました。こちらの要望にプラスαで回答する提案力と技術、不可能に近い事でも真剣に検討してくれるI氏には流石の一言。ちょうどM氏のGSが最終仕上げのため目の前にあったので、現物を見ながら打ち合わせをサクサクと進めることができました。まぁ詳しい内容は控えておきましょう。

 夜になるともう1人の伝説の男、“ツルちゃん”ことS氏がお菓子をむさぼりながら登場! 夜は「東京といったらココ!」と彼等が豪語する、山村にポツンとある地味〜な大衆居酒屋へ! 海の幸が旨いと言いながら彼等はハムカツを注文。その晩はI氏のお宅に泊まらせて頂きましたが、深夜はI氏とS氏のフリティンでのプロレスを拝見させて頂き大満足。彼等はじゃれるのも本気でI氏は口から流血してました。写真も撮ったのですが「サイガンズのHPオモシロイ!」と、女性スクーターリストからお褒めの言葉を頂いた手前、見苦しい絵はち〜と早いと思い今回は割愛させて頂きます。
| scooter | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://psyguns.jugem.jp/trackback/3
トラックバック